女性特有の更年期障害は治療で改善できる|悩まずに病院で相談しよう

どのような病気か

医者

今、潰瘍性大腸炎になる人が増えています。食生活の乱れやストレスが原因ではないかと言われています。まずは食生活を見直し、ストレスをうまく発散できるようにしましょう。その上で、よくならなければ病院に行き、しっかり診断をしてもらった上で自分に合った治療法を行っていきましょう。

女性の年齢的な問題の対処

悩む女性

不快な症状の原因

更年期障害は、主に女性の閉経前後に起きてくる症状で、肉体的・精神的な辛さを感じてしまうようになります。全ての女性が更年期障害に悩まされるわけではありませんが、何かしらの変化を感じてくるようになるのがだいたいこの時期です。更年期障害にあらわれる主な症状は、のぼせや疲労感、そしてうつ病のような悲壮感も目立つこともあります。更年期障害の原因は、女性ホルモンのエストロゲンが減少してしまうために起こります。年齢的にも仕方のないことですが、我慢をし続けるのもよくありません。これらは医療機関で治療を受けられるようになっており、症状の抑制が可能です。さまざまな方法で症状を和らげてくれるため、辛い症状もやがて落ち着いてくるようになります。症状がひどいと感じた場合は、更年期障害の治療を検討してみるのも大切です。

改善方法

更年期障害の治療では、ホルモン補充療法や漢方薬、そして精神的療法があります。一般的にはホルモン補充療法が行われており、減少したエストロゲンを補充していく内容となっています。保険適用内の範囲となるので負担も少なく、同時に閉経後に増えてくる骨粗鬆症の予防にもつながります。ホルモン補充療法は、飲み薬と貼り薬にわかれます。貼り薬は飲み薬と比べて胃腸の負担が少ないと言われ、どちらか選べる医療機関もあります。漢方薬は総合的な面から改善の効果も高いですが、効果が実感できるのに多少の時間がかかります。しかし、ホルモン補充療法が体質的に合わない場合には、こういった治療が適しています。精神療法では、産婦人科や婦人科以外の精神科や心療内科で受けられます。抗うつ剤などが処方されるので、うつ病のような症状が目立つ場合には専門的な治療を受けていった方がいいでしょう。

通院が困難な人のために

看護師

自分で通院することが難しい透析患者は、送迎を行っている病院を選ぶことで、自分や家族の負担なく安心して治療できます。利用する際は、自力通院不可の判断基準や、距離や利用時間に制限がないか、確認が必要です。無料である病院も多くありますが、有料の場合は料金体系が病院ごとに違うため、よく比較検討しましょう。

治療内容や金額

女性

都内でも住みやすいとされる世田谷区では、在宅医療は今後も増えていくと予想されています。無理に入院してストレスを溜めるよりは、住み慣れた場所で、ゆっくりと治療をしたいものです。入院、在宅、それぞれメリットデメリットがあります。まずは家族で話し合ってみると良いでしょう。